2月お取引分のリベート

2018年2月お取引分のコミッションリベートを03/05~03/19に執行致しました。
2月中のお取引にお心あたりのある方で(リベート保留や受取方法未定連絡等を含め)
何ら連絡を受けていない方はご一報下さい。

今月は、Blackbull Marketsで、過去数年のトレードに遡ってIBコミッションが発生する、というシステムエラーが起き、そのエラーを修正する為に再度「マイナスIBコミッションを発生させる」というデータが発生したために、2月のデータが膨大な量となり、各個のコミッションデータ抽出が不可能となってしまいました。
従って、毎月お取引されているトレーダー様には、先月の総取引ロット数を自己申告していただき、Blackbull Markets側が算出した各個の総取引ロット数と照合し、ロット数にIBコミッションレートを掛けた数値を100%還元(リベート)することで対応させていただきました。
2月中にBlackbull Marketsでお取引のあった方で、今月のリベートに関して連絡を受けていない方はご一報下さい。

さて、暗号通貨(ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム)でのリベートは、ブロックチェーンのトラフィックもすっかり落ち着き、順調すぎるほど順調です。
「仮想通貨漁り」を煽りに煽ってきたブロガー連中も、あまりの冷え込み具合にビビったのか、ブログ内容も大きくトーンダウンしてきています・・・これでいいんです。
私たち庶民の未来資産となりうる暗号通貨は、ゆっくりと、大事に、暖かく育てていきましょうヨ!

BlackBull Markets EQUINIX NYサーバー開始!

口座開設者に昨日メールが届いておりますが、全て英文なので、一応こちらで概要を紹介しておきましょう。

BlackBull Marketsのサー バーは、以前に紹介したように、今までEquinix  London (LD4) を使用していましたが、今週末を区切りに、Equinix New Yorkに全面移行するということです。
口座保持者に求められる作業としては、メールに記載してある「新しい」MT4をダウンロードしてログインする事のみ、とのことです。今現在保持しているポジションはそのまま新プラットフォームに移行されるようですが、しかし、使用中のEAやインディケーターは再インストールしなければならない、とのこと。
– 以下が、重要箇所の抜粋 –
All our clients are required to download and install a new MetaTrader 4 platform, as your current platform will no longer be compatible.
You can download the installation file at this link: httpx://download.mql5.com/xxx/web/xxx/mt4/xxxxx.exe(ダウンロードリンクは伏せてあります)
This change will be in effect, next week, from the start of the Forex market opening (22:00 GMT, 13 December 2015).

今までのMT4は使えなくなるため、上記ダウンロードリンクからBlackBull MarketsのMT4リンクをダウンロードしてください。来週の(日本時間12月14日)マーケット開始と同時に、この新規Equinix New York (NY4) サーバーが始動するとのことです。

BlackBullMarkets_Logo_001只でさえ評判の良かったEquinix  London (LD4) ですが、日本からは物理的により近いNew Yorkへの移行とのことで、よりより約定環境への期待が持てます!
Atelier de Balibariでは、BlackBull Marketsでのお取引量に応じたリベートを提供しています。
<Atelier de Balibari × BlackBull Marketsリベートプログラム>
BlackBull Prime (プライム) 0.16 pips/1ロット往復取引($1.6/10万USD相当額取引毎)
BlackBull Standard (スタンダード) 0.32 pips/1ロット往復取引($3.2/10万USD相当額取引毎)
*口座開設は、ご使用のブラウザを必ず初期化し、左のBlackBull Marketsバナーか、右欄リンクバナーを踏んで口座開設に進んでください。

BlackBull Markets その他諸元

いやはや、毎月のリベート作業他に追われ日数が過ぎてしまいましたが(汗)、BlackBull Marketsについてもう一歩踏み込んで紹介してみましょう。

口座の取引条件としては、前回掲載した口座タイプのページに大方網羅されている通り、STANDARDとPRIME口座には、初期入金額の違い(それぞれ100ドル相当額/1000ドル相当額)こそあれ、レバレッジ500倍とマイクロロット(0.01 lots)取引が可能、と、殆ど同様の環境が提供されています。EAの使用やスキャルピング、両建てといった、取引手法に制限は無し。

取引環境以外で気になるのが、業者としての「信頼性・安全性」でしょう。
BlackBull Marketsのニュージーランド金融庁(Financial Service Provider)のライセンスはBlack Bull Group Limitedとして登録されています:FSP403326
顧客の資金は、ニュージーランドのANZ Bankに分別保管されます。

サーバーはEquinixのLondonに置き、リキッディティプロバーダーとしては14もの銀行からプライスを取得しており、メジャーな名前だけでも、Bank of America、Goldman Sachs、Citibank、Barclays、RBS、Credit Suisse、Commerzbank、SMBC、ABN AMRO、BNP Paribasが名前を連ねているそうです。

入出金の、特に出金に関し、出金依頼を受けて24時間以内には出金手続きを執行するとの事。ただし銀行出金(国際送金)は約3営業日を目安としてもらいたい、との事。
銀行出金の手数料は$20.00 USDと、これはいかにも標準ですね。
その他、Credit card、Neteller、Skrill、Union Payを介しての出金は、一律$5.00 USDが課されますが、一律設定というところが気持ちの良い所です。ちょくちょく出金する方にとっては、多少マイナスポイントでしょうか・・・

Atelier de Balibariでは、BlackBull MarketsのStandard(スタンダード)とPrime(プライム)2つの口座でのお取引量に応じたリベートを提供しています。
<Atelier de Balibari × BlackBull Marketsリベートプログラム>
BlackBullMarkets_Logo_001BlackBull Prime (プライム) 0.16 pips/1ロット往復取引($1.6/10万USD相当額取引毎)
BlackBull Standard (スタンダード) 0.32 pips/1ロット往復取引($3.2/10万USD相当額取引毎)
*口座開設は、ご使用のブラウザを必ず初期化し、左のBlackBull Marketsバナーか、右欄リンクバナーを踏んで口座開設に進んでください。

海外のフォーラム等では既にプチセンセーションを巻き起こしているBlackBull Marketsの約定力、安定性、そして迅速なサポートを、日本で、誰かが、皆がみな使い始める前に、いち早く経験してみるのも、あなたの… ?

新パートナー! BlackBull Markets

BlackBull Marketsの名前を知ったのは今年の春頃でした。その後、多少の調査等はしましたが、忙しさにかまけ、中々コンタクトまでには至りませんでした。

今までにも『Balibari別館』の業者開拓の糸口を見出す手助けをして頂いたり、と大活躍のご登録者のお一人が、今回も、所謂“人柱”となってくださり、BlackBull Marketsの取引口座で実トレード1149回の結果を分析、その詳細なデータをご開示頂きました。文句のつけようの無いトレーディング結果のデータが、ようやく私の重い腰を上げさせ、今回の新規提携に結びつきました。

BlackBull Marketsは、元々機関投資家(Institutional Investors)向け、簡単に言うと「企業体プロ向け」の業者で、今年の春から個人(一般・小口)投資家向けのサービス提供に乗り出したとの事です。
つまり、BlackBull Marketsの売りは、「企業体プロトレーダー向け」に提供してきたサーバー&約定力にあります。
サーバーは、絶大な人気と信頼度のあるEquinixのLD4( London)で、近々Equinix – NY4も導入予定との事。
約定力は、上記ご登録者の実戦取引で実証済み。

口座タイプ毎の仕様は、BlackBull Marketsウェブサイトのこのページを参照。
BlackBullMarkets_AccountTypes
BlackBull Standard(スタンダード)とBlackBull Prime(プライム)双方の口座でレバレッジ500倍とマイクロロット(0.01 lots)取引を実現していますね!
スプレッドは、取引手数料の無いStandard(スタンダード)口座で0.8 pipsから。取引手数料を支払いRaw Spreadで取引できるPrime(プライム)口座で0.1 pipsから。
特筆すべきはPrime(プライム)口座の取引手数料です。
1ロット片道で$3.00、往復で$6.00と、かなり低く抑えられています。実取引で素晴らしい結果を残したポイントの一つは、この手数料の低さにあることは明らかでしょう。

入出金手段については、銀行送金はもちろんのこと、クレジットカード、Neteller及びSkrillを網羅しており、抜かりがありません。クレジットカード使用の場合「入金額まで同じクレジットカード経由で出金」という条件は世界中ほぼ横並びです。

特記:日本語サポートについては、BlackBull MarketsのDirectorの方から「必要とあればいつでも採用する準備はあるよ!」との返事を頂いています。また全ての準備が整った頃にIBとして参入してくる方々の為に、この点は是非強調しておいた方が良いでしょうね(笑)。

取引量に応じたリベートは、Standard(スタンダード)とPrime(プライム)の2つの口座に提供致します。
<Atelier de Balibari × BlackBull Marketsリベートプログラム>
BlackBullMarkets_Logo_001BlackBull Prime (プライム) 0.16 pips/1ロット往復取引($1.6/10万USD相当額取引毎)
BlackBull Standard (スタンダード) 0.32 pips/1ロット往復取引($3.2/10万USD相当額取引毎)
*口座開設は、ご使用のブラウザを必ず初期化し、左のBlackBull Marketsバナーか、右欄リンクバナーを踏んで口座開設に進んでください。

明日以降も、BlackBull Marketsについて本日網羅できなかった点をご紹介していくかもしれません。