mybitwallet → bitwallet 名称変更とサービス改定

mybitwalletが 、9月10日 (月) より名称変更→サービスを全面改定する模様です。

来たる2018年9月10日(月)10:00(シンガポール時間)、mybitwalletは、新たにサービスの全面改定を行います。
今回のサービス改定にあたっては、より使いやすく、より分かりやすいサイトを目指して、サービス内容とブランディングを重視いたしました。新サービスは、ご要望の多かった仮想通貨ウォレットの対応や、他のオンラインウォレット(NETELLER・Skrill)との連携、各種手数料の大幅な引き下げなど、これまで以上に充実したサービス内容となっております。

改定内容詳細はこのページから

>サービス名称とロゴの変更
まずはブランド名が、mybitwallet – マイビットウォレットからbitwallet – ビットウォレットへ変更となります。

>ウォレットサービスの拡充
やはり来ましたね〜、仮想通貨メジャークラス6種(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、イーサリアム、リップル、ライトコイン)の取り扱いを開始するようです!
2017年1月からビットコインでのリベートをいち早く導入、その後2017年後半の大大暴騰〜2018年以降の大暴落という荒波の中、ビットコインの取り扱いから次々と撤退した他業者を横目に、逆に暗号通貨でのリベートを拡大してきた(現在ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの3種)当IBの目論見はドンピシャでしたネ!
暗号通貨(仮想通貨)の本領発揮 – 世界のマネーフロー地図が書き換えられていくのはこれからでしょう。

mybitwalletは今回の改定で、NetellerとSkrillとの入出金にも対応しますが、STICPAYその他の各種オンラインウォレットもビットコインの取り扱いに対応してきていることからも、この決済世界のトレンドが見て取れるでしょう。

使い勝手は、実際にサービスが始まってみないことには分かりませんが、国家(金融庁)の圧力にも怯まず、安直に「日本円」という狭い世界にも逃げ込まずに、世界中の銀行口座や決済手段、そしてFX等の取引口座を根気よく開拓し、資産のルート構築を探求して来た人にとっては願ってもいない展開になりつつあるものと思います。

>アカウントステイタスの導入

>レート計算機・リアルタイムチャートの提供
その他
>セキュリティ対策の強化
>クレーム対応・コンプライアンス専用窓口の設置
等、リブランディングに伴う徹底したサービス改定を実施し、更なる進化が期待できる模様です。

MyFX Marketsも!ビットコイン入出金の受付開始!

DEPOSIT YOUR TRADING ACCOUNT IN BITCOIN

MYFX MARKETS is happy to announce that we have now added BitPay to our deposit methods!

Bitcoin is known as having the largest trading volume in the Crypto currency industry, and you can use the service by opening the Bitpay account.

Why Bitpay?

・Fund Deposits will be processed instantly 24 hours.
・Use a QR code or an invoice address
・Available in USD, AUD and JPY
・Fast execution time

Have questions?

If you need any help, give our Service Desk a call or chat to us or email us at customer.service@myfxmarkets.com

口座開設は総コミッションの80%リベートするAtelier de Balibariから!

MyFx Marketsリベートプログラム
Standard口座:1 lotお取引毎に0.48 pips(USDに換算)をリベート
Pro口座:1 lot取引毎に1.60AUD相当額(USDに換算)をリベート

正真正銘、AxiTrader時代からの“パイオニア”で口座開設!

TradersTrust ビットコイン入出金の受付け開始!

相変わらず喧しい暗号通貨界隈ですが、ビットコインの生い立ちなり、ブロックチェーンなりを勉強し、その基本的な定義や”意義”を理解し「賛同」した上でこの世界に飛び込んだ人であれば、昨今おびただしいポジショントークやDisinformer(真実から目を背けさせる為、偽の情報を流す輩)に惑わされることなく、ご自身の暗号通貨ポートフォリオを着実に築き上げていることでしょう。
逆に言えば、何も考えず(勉強もせず)暗号通貨取引に飛び込んだりした人は今頃痛い目を見ていたり、巷に流れるニュースや情報(ポジショントークやDisinformation)だけを信じ、ただただ疑心暗鬼になって立ち往生していた人は、完全なる機会損失となったことは明らかです。

一方、2017年初頭から一年をかけ、当IB提携FX業者のその殆どがビットコインでの入出金に踏み切ってきました。
そして今度は、TradersTrustが全面的にビットコイン入出金の受付けを開始しました!
既にTradersTrustにご登録の方には、下記のニュースレターが配信されているはずです。

親愛なるトレーダーの皆様

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
TTCMにおきまして新年の朗報がございます!
お客様におかれましてビットコインで入金を行ってご希望の商品のお取引が現在可能となりました。
手順は、セキュアエリアにログインをし、入金方法としてビットコインをご選択してください。

ビットコインでの最低入金可能金額は100ドル(他通貨で同等額)です。
ご出金の際には、希望出金金額のビットコインでの同等金額がビットコインウォレットに資金移動されます。

お客様のご入金を承認するためには、次のリンクで詳細が説明されたように
スクリーンショットの各確認書類を当社まで送って頂く必要があります:ここをクリック

更に情報が必要な場合は、当社までメールでご連絡ください。
support.vu@ttcm.com

お取引をお楽しみください!

TTCMキャピタルマーケットチーム

*上記リンク先、各確認書類のスクリーンショットサンプルはbitpayとなっていますが、ご自身が利用されているビットコインウォレット、交換所や取引所、ビットコイン保有機能があるものであれば、すべて使えます。
ご利用のウォレットによってサンプルのスクリーンショットとは表記が違ってくるはずですので、
ご利用前にTradersTrustサポートにお問い合わせされることをお勧めいたします。

TradersTrustの口座開設は    Atelier de Balibariから!

Tradeview bitpayの導入

Tradeviewの入金手段としてbitpayが導入されたことはお伝えした通りですが、利用法について、もう少し突っ込んだ情報を入手しましたので、お知らせします。
今までTradeviewでビットコインに使用してきたUpholdの場合、顧客側もUpholdのアカウントを作成する必要があったのですが、bitpayの場合、直接ビットコインアドレスを使用しての送金が可能、とのことです。
つまり、ビットコインを使用している人なら理解が早いのですが、従来のビットコインのやりとりと何ら変わりがありません。
あなたが使用しているbitpayなりCopayといったウォレットからでも、デバイスウォレットからでも、blockhain.infoのようなオンラインウォレット、そして恐らく日本の皆さんの殆どが利用しているであろうCoincheckZaifbitflyerといった日本の取引所からも直接送ることができる、ということです。
さらに安心なのが、受取先のbitpayがweb上になくローカル環境にある、という事ですね!

あ、最近ではTenXという新進気鋭のサービスが人気のようですね。
出金後、どうやって使用するのかを考えている人は要チェックかもしれません!

このようにビットコイン、ひいては暗号通貨周りの環境はどんどんどんどん整備されてきています。
昨年末あたりから提携各社に「ビットコイン入出金の導入」を打診した際には、ほぼ横並びに渋い回答しか得られなかったのですが、その後、この一年間でどれだけのFX業者が「ビットコイン導入」に踏み切ったことでしょう。
近々、もう一社、ビットコイン導入の発表があるはずです。乞うご期待!

logo_tradeview-forex

ビットコイン導入で先頭を走るTradeviewでの口座開設は 同じく先頭を走るAtelier de Balibariから!

Tradeview(トレードビュー)リベートプログラム
MT4 X Leverage USD口座$8.00 /lot
MT4 X Leverage JPY口座¥800 /lot
MT4 I.L.C. USD口座: $2.00/lot
MT4 I.L.C. JPY口座: ¥200/lot – 円口座では取引手数料が500 JPY/1ロット往復取引であるため、USD口座と実質的に同じ条件となります。
Currenex (Viking) 口座: $2.40/10万USD往復取引
cTrader口座: $2.00/10万USD往復取引

その他お問い合わせはTradeview日本語サポートメール: japanesesupport@tvmarkets.comまで!

Tradeview 入出金オプション

logo_tradeview-forexTradeview(トレードビュー)の取引環境として秀逸なのが、入出金オプションの豊富さ、というより、新しい手段に対する目の付け所、取込みの速さ、対応へのフレキシビリティでしょう。

Tradeviewとの契約当初に紹介した時点で、OKPAY、ecoPayz導入の他、当時既にUPHOLDを利用してのビットコイン入金に対応していた事実が、業界最先端を突っ走っていた証でもあります。

現在のTradeview入金オプションをコチラのページから確認してみましよう。
ここ最近FX業者間で導入の進んでいるmybitwallet、STICPAY共にちゃっかり、しっかり導入されています!
その陰に隠れて目立たないのがbitpayの導入です。言わずと知れた暗号通貨ソフトウェアウォレットの代表格ですが、同じソフトウェアウォレット間でのビットコイン入出金は、まさにボーダーレス、シームレスな入出金を実現させます。

今年初頭より、ビットコイン導入を先導・推進してきたという自負のある当IBですが、その頃から、いやせめて夏くらいまでに、思い切って暗号通貨の世界に飛び込んでいれば・・・と歯ぎしりしている人が、いまどれだけいることでしょう。

何事に対しても、自分自身の研究・分析を通して判断することが大事ですが、「ビットコインは未完成」「取引所に持ち逃げされる」「いつかきっとゼロになる」といった、巷に溢れる責任感の無い情報、おどろおどろしい言説ばかりを”受け身”で受け入れ、立ち尽くしたまま行動しなかった人ほど、今年一年間、この千載一遇のチャンスを逃したものと思われます。

logo_tradeview-forex

「機を見るに敏」なTradeviewでの口座開設は     Atelier de Balibariから!

Tradeview(トレードビュー)リベートプログラム
MT4 X Leverage USD口座: $8.00 /lot
MT4 X Leverage JPY口座: ¥800 /lot
MT4 I.L.C. USD口座: $2.00/lot
MT4 I.L.C. JPY口座: ¥200/lot
– 円口座では取引手数料が500 JPY/1ロット往復取引であるため、USD口座と実質的に同じ条件となります。
Currenex (Viking) 口座: $2.40/10万USD往復取引
cTrader口座: $2.00/10万USD往復取引

お問い合わせはTradeview日本語サポートメール: japanesesupport@tvmarkets.com

追記:当IBではmybitwallet、STICPAY共にアカウント登録済みで、現在リベート作業の実地検証中です。
近々、より現況に即したリベートオプションを発表できることと思います。

Titan FX⇄Bitcoin⇄You via Balibari !

Titan FXについて、パートナー契約を開始した2017年5月以来一度もプロモーションしていない事に、今更ながら気付きました。

しかし、日本人メジャーな業者間でもいち早く、今年3月から『ビットコインで入出金』を導入したTitan FXを、年頭から『ビットコインdeリベート』を導入している当IBがプロモーションしない手はないでしょう。Titan FXによる『ビットコインで入出金』の最大のアドヴァンテージは、ビットコインでの入金もさることながら、入金額以上、つまり利益分もビットコイン出金に対応している点です。このことは、ビットコインの「非中央集権型」という本質を考えると当然の事ですので、今後徐々に業界標準になってゆく(べき)ものと思われます。つまり・・・
     Balibari→あなた⇄Titan FX→Balibari→あなた⇄Titan FX・・・
           ⇅             ⇅
        再投資 or 換金       再投資 or 換金
というルートが成り立つわけです。

TitanFX – Atelier de Balibari直リンクバナー

Titan FX – Atelier de Balibariリベートプログラム
スタンダード (STP) 口座:0.32 pips/1往復取引
( 10万USD相当額往復取引毎に$3.20が目安)

ブレード (ECN) 口座:0.8 NZD/1ロット(10万通貨)
往復取引毎

Titan FXの場合、IBの変更は“基本的に”できませんが、実は一つ目の口座である一定の取引条件を満たせば追加口座でIB変更もできるのです。Titan FXサポートに確認を取った上で「IB変更変更条件」を満たすように計画した方が良いでしょう。
既にお取引中の口座をお持ちで、その口座がどこのアフィリエイト・IBも経由(リンク)していなければ、Titan FXサポート:support@titanfx.comにメールリクエストすることで、既存の口座を改めて当IBにリンクする事は可能です。
リクエストメールの際には、貴方の口座情報(フルネームと既存口座のMT4ログイン)を添える事はもちろんですが、「IB番号(IB名):6000466 (Atelier de Balibari)にリンクして下さい」とメール致しましょう。

続・XM×Balibari = 最強伝説!

show

↑口座開設IBリンク

インターネットの面白い部分と難しい部分とは表裏一体で、プロモーションが行き過ぎたり、ひょんなところでひょんな紹介がなされたりすると、どどォ〜っとご登録者が雪崩れ込んだりしてきて、機能面(主にリベートのキャッシュフロー)に不具合が生じたりしますが、ある程度意識的に沈黙していると、情報がインターネットの波の合間に徐々に埋没してきて、口座開設者や取引量もそれなりに落ち着いてきます。敢えて例えるなら、実社会では、10年単位で世代交代が進むのが、インターネット上では、日々、常に、世代交代が行われている感じでしょうか。

ただ単に、顧客数も取引量も増やしに増やすのが目的であれば、リベート率を極限にまで引き上げれば簡単でしょうが、「最低限の利益確保点」=「破綻リスクの分岐点」を超えてリベートを設定した(例えば85%~90%)IBの殆どが一年以内にフェードアウトして行きますし、ましてや毎月のリベートに対するキャッシュフローに限界が生じてきます(各e-Walletにはそれぞれ送金限度額があり、“今時の”金融機関は支払額が多すぎると送金をストップします)。
「許容範囲の顧客数・取引量を維持」しつつ、「破綻分岐点を超えないリベート率」と「十分なキャッシュフローの確保」とのバランスを絶妙に取り続けることが、リベート型IBを続けていく上で一番難しい部分だと思います(単なるアフィリエイトや初回キャッシュバックのみのIBは当てはまりません)。

「十分なキャッシュフローの確保」については、昨年末頃、ありとあらゆる可能性・ルートをリサーチ・研究した結果『ビットコインdeリベート』を導入したことと、その他銀行やe-Walletsとビットコインとの連携で、必要にして十分なキャッシュフローが確立できています。ビットコインを中心とした「十分なキャッシュフローの確保」が、今回の更なるXMのプロモーションを可能にしていることは間違いありません。

*ちなみに当IBでは、リベートの「国内銀行振込」には対応していません。
「海外FXのIBが国内銀行振込に対応している」=「多大なるリスク」を包含している事に気付きましょう。

さて、紹介する業者もリベート率も横並びなIBだらけの中、どうやって一歩抜きん出るのかというと、「他のIBにないものを提供できるか否か」− これに尽きると思います。
「Atelier de BalibariをIBにしてXMで口座開設・取引すれば最強!」という自負の根拠はそこにあります。
・・・で、他のIBが提供できない条件って何よ?ってことですが、それは下のリベートプログラムにも記載してありますし、ネット上でも注意深く検索していけば、そこここに書いてあります。
最初にも書きましたが、プロモーションはほどほどに、ネ!。。。と。

xm_signature

↑口座開設IBリンク

<XM.com − Atelier de Balibariリベートプログラム>
・Micro/Standard/Executive:1ロット毎に7.5 $リベート
・ZERO口座: 1ロット毎に3.75 $リベート
**IB登録でも各種XMボーナス受取有効となります**
***5分ルール無し!(5分以内の取引もリベート対象!)***

註1. 通貨ペア以外のCFD等の商品取引は、各商品のコミッション率に準じます。
https://balibari.wordpress.com/2015/01/18/xm-com-newly-added-cfd-others-commission/
註2. ボーナスを証拠金に使用してのお取引は、コミッションには含まれません。
https://balibari.wordpress.com/2014/09/07/xm-com-commissions-on-trading-basedon-bonus/

*  XMの場合、新規口座開設、追加口座開設、IB移管ご希望の場合、全てにおいてご希望のIBのリンクを辿って口座開設に進んでください。
** IB登録のミスを防ぐ為に、必ずご使用のブラウザを初期化し再起動した上で、このページ内のXMロゴか、右コラム欄にあるXMのリンクバナーを経由して、口座開設に進んでください。
*** XMで既存口座をお持ちの方も、必ずご希望のIBのリンクバナーを経由してクライアントエリアにログインし、追加口座を開設してください。
**** 口座開設後は、必ずブログトップバーにある『開設口座の報告』に必要事項を書き込み送信してください。

5月お取引分のリベート

5月お取引分のコミッションリベートを06/06~06/19に執行致しました。
5月中のお取引にお心あたりのある方で(リベート保留や受取方法の未定連絡等を含め)
何ら連絡を受けていない方はご一報下さい。

先月は着信に遅延のあったビットコインでのリベートですが、今月は「通常手数料」で送信しようが「優先手数料」で送信しようが、ほぼ時系列でブロックに組み込まれ、順調に承認が完了した模様です。
しかも「通常手数料」と「優先手数料」が各ウォレット間で同じであれば良いのですが、例えばBlockchain.infoの「通常手数料」が$0.42で「優先手数料」が$1.40の時に、Bitpayの「節約手数料」が$1.90であったり、「通常手数料」が$2.40であったりして面食らいます。加えて承認完了までの時間がほぼ同等であったりすると、さすがに「なんだかなァ」という気持ちも拭い切れません。

その他、今月はリベートに関して大きめのトラブル – というのか、許し難い「事件」がありましたが、本日ようやく解決に向かいました。今回のこのようなケースについて、トレーダーとして、人間として「最低限のモラル」を確認する為にも、一度ブログにしたためた方が良いかと思いましたが、今はただただ疲れました。また次の機会にでも。

ちなみに明日より10日間程「外出中」となってしまいますので、ご連絡を頂いても即日返信とはならないかもしれません。ご了承くださいませ。

Tradeview ビットコインde入金レポート

Tradeview(トレードビュー)が提携しているビットコインウォレットからの入金をレポートしようと考えていたのですが、リベート作業や他の記事の更新に追われているうちに、他の方に先を越されてしまった様です。
http://fxsear.ch/tradeview-bitcoin-deposit-via-uphold/
Upholdの会員登録から始まり、Upholdへのビットコイン入金、そしてトレードビューの取引口座への送金まで、逐一スクリーンショット付きでかなり詳しく解説されているので、敢えて私が解説する必要もなく助かりました(笑)。

authy_verification_code

Authyによる認証コード

多少違う部分を中心に、かいつまんでレポートしたいと思います。
私がTradeviewのMT4口座にビットコインでの入金をしたのは2月3日。
Upholdのログインは携帯電話へのSMSコードによる認証なのですが、私にはこのSMS認証が結構ウザい(笑)。しかしUpholdはAuthyというアプリと提携していて、Google Chrome版を使用してログインできます。

you-received-2-5-btc

Bitcoin到着お知らせメール

既にビットコインを利用している方なら理解が早いですが、Tradeview(トレードビュー)の取引口座への入金前に、Upholdにビットコインを入金しておかなくてなりませんネ!

しかし、このビットコイン移動の認証に数時間かかりました。サポートに連絡を入れた所、ここ2〜3日ビットコインのトラフィックそのものが多くスパイクも起きている、との事でした − 不測の事態もあくまで自己責任ですから、みなさん、行動はお早めにネ!で、まあ、無事2.5 BTCが到着。

amount_2-2btc_send

2.2 BTCを送信!

Upholdでの残高を確認できたら、トレードビューのクライアントキャビネットへログインして希望の入金方法を選択してログイン画面へ

TradeviewへのBTC送金画面が表示されたので、2.2 BTCをTradeviewへ。

ここで、トレードビューのMT4を開いてしばし待ちます− 15分程後だったでしょうか、2.2 BTC = 2,056.17 eurosが反映されました!

tradeview_mt4_funded

MT4入金完了!

 

上記のブログ主と、トレードビュー担当者によれば、取引口座への入金作業は自動ではなく“人力で確認”して処理しているらしいので即時には反映されません。例えば週末等には待つ必要があります。
「普段は穏やかなのに何故か待つのが苦手な」日本人の皆様、時には待つ事も必要です。待ちましょう!

以上、ビットコインによる入金という、初めての慣れない作業だと、なんだかアチコチつっかえたような違和感はあると思いますが、それでも今までの銀行送金の手数料や待ち時間等を考えると隔世の感があります。

ところで、今回助けられた上記ブログですが、全体にざっと目を通してみると、実に正確に、そして的確に海外FX業界が論じられています・・・ン?もしかしてこの方・・・あのIBの?・・・ま、いいや。
とにかく「怖々としたイメージ」だけで語られがちな海外FX業界を、フェアな目線で冷静に分析するには、とても貴重で有益な内容だと思います。

例えばこの記事:http://fxsear.ch/are-international-brokers-scam/
註:ツッコまれている海外FX検証ノートというのが、先日送られて来た「妙なメール」の主だったのには笑いました。

またきたぁーーーッ!

debitcard_inhand今度はコレ!ビットコイン直結のデビットカード。
「ビットコイン+デビットカード」で検索すれば、有名どころは調べられると思いますが、わざわざ「ビットコイン直結」としたところに微妙な違いを含ませています。

そう、このカードはあくまでビットコインを「ビットコインのまま」チャージしておいて、オンラインショッピングで支払ったり、世界中のATMで引出したり、お店で普通のVISAカードとして支払ったり、その瞬間の「通貨/BTC」のレートで引き落とされる「デビットカード」なんです。
つまりは、ビットコインウォレットがそのままデビットカードとして利用できる、と考えれば良いでしょう。
カードのアクティベーション(有効化)も、ATM等で必要になるPINコードの取得も、全部オンラインで完結!
「電話してPINコードを聞き取る」という日本人のもっとも恐れる(笑)プロセスもありませぬ!

enveloppaper同封の紙にも書いてありますね。ビットコインを使って、世界中のお店で、ATMで、そしてオンラインでビットコインが使えます、と。つ・ま・り・・・うふっ❤

日本発の「ビットコインデビットカード発行!」だとかそんなニュースもちらほら見かけますが、最初の打ち上げ花火だけは大きく、あとは“自主規制”か”自然消滅”の繰り返し、というフォーエバー鎖国な動きを待つよりも、今あるルートを最大限に利用して、あなたの脳内をじゃんじゃんボーダレス化していくことが重要です。

あれこれ特定情報を晒すと、また色々チャちゃっチャが入る可能性がありますので、後は、自分でリサーチし、アレコレ頭の中で(紙に書き出した方が整理できるかもしれませんね!)今後、どうやって(ボーダレスに)投資資金を回し、どのように資産を保全していくのか、シミュレーションしてみてください。