BINANCE(バイナンス)実践記_01

先日、BINANCE(バイナンス)に群がるアフィリエイトを、え・げ・つ・な・い、と評しましたが、理由のひとつとして、そのほとんどの記事に、彼らが実際にBINANCEを使用している痕跡(証拠)がないこと。単に通貨ペアのリストであったり、BINANCEがプロモーションに使用しているスクショをそのまま載せて、「〇〇(←新興通貨名)はBINANCE(バイナンス)で買うべき!」と字面で説明しているだけ・・・道義上、私も取引を実践しないことには説得力がないな・・・と考え早速実践してみました。

本人確認書類を提出しなくても、24時間以内に2BTCまで出金できるので、殆どの人がそのままでいけるでしょう。二段階認証も通さないで行けるか?と考えましたが、二段階認証無しだと「取引センター」に移動する度に再度ログインとなってしまいます。SMS認証は中国の携帯電話のみ可。もう一方は「Google認証システム」。しかし私は一切スマホを使用しません。ではどうするのか・・・これはGoogle ChromeにGoogle Authenticatorのアプリ、というより機能拡張を入れることでクリアできます。こういった情報も上記アフィリエイター連中は一切解説しません。
スマホ?持ってねーよ!という人が今時いること自体思いつかないのでしょうが(笑)。

初期取引資金として、0.7 BTCをBINANCEに送金してみました。Bitpayからの送金でしたが、手数料がナント$37超・・・たっけぇー!まっ、それでも今までの銀行を利用しての時間と手数料+嫌な思い(笑)を考えれば、隔世の感でしょうか。

さて、問題はこの原資で何の暗号通貨を仕入れるか・・・ビットコイン以外では、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoin、Rippleと、アルトコインの中でもいわゆる”メジャーな”通貨ばかりを少しずつ保有しています。

そこで、どうせ買うならBINANCEでしか買えない通貨、しかも割引手数料の適用される通貨、ということで、Binance Coin (BNB) を買ってみることにしました。
今日のマーケットプライスで$8.56前後=1000円前後という分かりやすい感もありましたので、これを100 BNB@0.000584 BTCで注文を入れてみました。

この記事を書き進めながら15分ほど後、BINANCEに戻ってみると・・・もう約定してますね!
上のスクリーンショットでBNB残高を見ると、手数料が0.05 BNB引かれているのが見てとれます。

実際に取引してみて実感したこととして、暗号通貨同士のペアを見ながらの売買は、一言で言うとかなり難しい、やり難い、ということです。今まで全てFiat(法廷通貨・私の場合ユーロ)で暗号通貨を購入してきているので、どうしてもFiat脳から抜けきれないのでしょうね。
今後も色々といじりながら、自分の脳をできるだけふにゃふにゃにして、益々複雑になっていく暗号通貨ワールドに適応させていくしかないのでしょう。

BINANCE(バイナンス)にご登録

続・XM×Balibari = 最強伝説!

show

↑口座開設IBリンク

インターネットの面白い部分と難しい部分とは表裏一体で、プロモーションが行き過ぎたり、ひょんなところでひょんな紹介がなされたりすると、どどォ〜っとご登録者が雪崩れ込んだりしてきて、機能面(主にリベートのキャッシュフロー)に不具合が生じたりしますが、ある程度意識的に沈黙していると、情報がインターネットの波の合間に徐々に埋没してきて、口座開設者や取引量もそれなりに落ち着いてきます。敢えて例えるなら、実社会では、10年単位で世代交代が進むのが、インターネット上では、日々、常に、世代交代が行われている感じでしょうか。

ただ単に、顧客数も取引量も増やしに増やすのが目的であれば、リベート率を極限にまで引き上げれば簡単でしょうが、「最低限の利益確保点」=「破綻リスクの分岐点」を超えてリベートを設定した(例えば85%~90%)IBの殆どが一年以内にフェードアウトして行きますし、ましてや毎月のリベートに対するキャッシュフローに限界が生じてきます(各e-Walletにはそれぞれ送金限度額があり、“今時の”金融機関は支払額が多すぎると送金をストップします)。
「許容範囲の顧客数・取引量を維持」しつつ、「破綻分岐点を超えないリベート率」と「十分なキャッシュフローの確保」とのバランスを絶妙に取り続けることが、リベート型IBを続けていく上で一番難しい部分だと思います(単なるアフィリエイトや初回キャッシュバックのみのIBは当てはまりません)。

「十分なキャッシュフローの確保」については、昨年末頃、ありとあらゆる可能性・ルートをリサーチ・研究した結果『ビットコインdeリベート』を導入したことと、その他銀行やe-Walletsとビットコインとの連携で、必要にして十分なキャッシュフローが確立できています。ビットコインを中心とした「十分なキャッシュフローの確保」が、今回の更なるXMのプロモーションを可能にしていることは間違いありません。

*ちなみに当IBでは、リベートの「国内銀行振込」には対応していません。
「海外FXのIBが国内銀行振込に対応している」=「多大なるリスク」を包含している事に気付きましょう。

さて、紹介する業者もリベート率も横並びなIBだらけの中、どうやって一歩抜きん出るのかというと、「他のIBにないものを提供できるか否か」− これに尽きると思います。
「Atelier de BalibariをIBにしてXMで口座開設・取引すれば最強!」という自負の根拠はそこにあります。
・・・で、他のIBが提供できない条件って何よ?ってことですが、それは下のリベートプログラムにも記載してありますし、ネット上でも注意深く検索していけば、そこここに書いてあります。
最初にも書きましたが、プロモーションはほどほどに、ネ!。。。と。

xm_signature

↑口座開設IBリンク

<XM.com − Atelier de Balibariリベートプログラム>
・Micro/Standard/Executive:1ロット毎に7.5 $リベート
・ZERO口座: 1ロット毎に3.75 $リベート
**IB登録でも各種XMボーナス受取有効となります**
***5分ルール無し!(5分以内の取引もリベート対象!)***

註1. 通貨ペア以外のCFD等の商品取引は、各商品のコミッション率に準じます。
https://balibari.wordpress.com/2015/01/18/xm-com-newly-added-cfd-others-commission/
註2. ボーナスを証拠金に使用してのお取引は、コミッションには含まれません。
https://balibari.wordpress.com/2014/09/07/xm-com-commissions-on-trading-basedon-bonus/

*  XMの場合、新規口座開設、追加口座開設、IB移管ご希望の場合、全てにおいてご希望のIBのリンクを辿って口座開設に進んでください。
** IB登録のミスを防ぐ為に、必ずご使用のブラウザを初期化し再起動した上で、このページ内のXMロゴか、右コラム欄にあるXMのリンクバナーを経由して、口座開設に進んでください。
*** XMで既存口座をお持ちの方も、必ずご希望のIBのリンクバナーを経由してクライアントエリアにログインし、追加口座を開設してください。
**** 口座開設後は、必ずブログトップバーにある『開設口座の報告』に必要事項を書き込み送信してください。

BlackBull Markets その他諸元

いやはや、毎月のリベート作業他に追われ日数が過ぎてしまいましたが(汗)、BlackBull Marketsについてもう一歩踏み込んで紹介してみましょう。

口座の取引条件としては、前回掲載した口座タイプのページに大方網羅されている通り、STANDARDとPRIME口座には、初期入金額の違い(それぞれ100ドル相当額/1000ドル相当額)こそあれ、レバレッジ500倍とマイクロロット(0.01 lots)取引が可能、と、殆ど同様の環境が提供されています。EAの使用やスキャルピング、両建てといった、取引手法に制限は無し。

取引環境以外で気になるのが、業者としての「信頼性・安全性」でしょう。
BlackBull Marketsのニュージーランド金融庁(Financial Service Provider)のライセンスはBlack Bull Group Limitedとして登録されています:FSP403326
顧客の資金は、ニュージーランドのANZ Bankに分別保管されます。

サーバーはEquinixのLondonに置き、リキッディティプロバーダーとしては14もの銀行からプライスを取得しており、メジャーな名前だけでも、Bank of America、Goldman Sachs、Citibank、Barclays、RBS、Credit Suisse、Commerzbank、SMBC、ABN AMRO、BNP Paribasが名前を連ねているそうです。

入出金の、特に出金に関し、出金依頼を受けて24時間以内には出金手続きを執行するとの事。ただし銀行出金(国際送金)は約3営業日を目安としてもらいたい、との事。
銀行出金の手数料は$20.00 USDと、これはいかにも標準ですね。
その他、Credit card、Neteller、Skrill、Union Payを介しての出金は、一律$5.00 USDが課されますが、一律設定というところが気持ちの良い所です。ちょくちょく出金する方にとっては、多少マイナスポイントでしょうか・・・

Atelier de Balibariでは、BlackBull MarketsのStandard(スタンダード)とPrime(プライム)2つの口座でのお取引量に応じたリベートを提供しています。
<Atelier de Balibari × BlackBull Marketsリベートプログラム>
BlackBullMarkets_Logo_001BlackBull Prime (プライム) 0.16 pips/1ロット往復取引($1.6/10万USD相当額取引毎)
BlackBull Standard (スタンダード) 0.32 pips/1ロット往復取引($3.2/10万USD相当額取引毎)
*口座開設は、ご使用のブラウザを必ず初期化し、左のBlackBull Marketsバナーか、右欄リンクバナーを踏んで口座開設に進んでください。

海外のフォーラム等では既にプチセンセーションを巻き起こしているBlackBull Marketsの約定力、安定性、そして迅速なサポートを、日本で、誰かが、皆がみな使い始める前に、いち早く経験してみるのも、あなたの… ?

TradersTrust Cuboシリーズ・ログインエリアからの口座開設

先日お伝えした、TradersTrustの新PAMMストラテジー・Cuboシリーズに関し、既存の口座保持者(プロファイル作成済みの方)は、ログインエリアからCuboの開設口座を選択できるようにシステムが更新されたようです。

− 既存のIBリンクからCuboの口座開設が可能です −
Cuboシリーズの口座開設をご希望のお客様は、ログインエリア>ライブ口座ボタンから、追加口座としてCuboを開設できます。Cubo-opening-account
TradersTrustの日本語サポート様も、盤石の安定性で確実にサポートをして頂ける方で、私も信頼を寄せている方ですので、こちらのCuboシリーズに関しても、興味のある方は、迷わず問い合わせてみましょう!
TradersTrust日本語サポート: japansupport@traders-trust.com

Atelier de Balibariからのリベートプログラムは以下の通り!
新規!Cuboシリーズ口座: 1.875 USD/ロット
logo_00ECN口座: 0.75 USD/ロット
低スプレッド口座: 3.75 USD/ロット
スタンダード口座: 7.50 USD/ロット

Land-FX 口座受付開始!

アッチィが駄目なァ〜ら〜♪、コッチィがあるゥさァ〜♫(鼻歌・笑)

NZグループ紹介の第二弾!遅ればせながら(笑)Land-FXの登場です。
実は、Land-FXのご担当者(当時はお一人)からは、数あるアフィリエイトやIBの中でも最初にお声を掛けて頂いた(確認済み)にも関わらず、個人的にどうしても引っかかる部分があり、契約をお断りさせて頂いていました。
その後も、2度3度とお声を掛けて頂き、その度に固辞してきたにも関わらず、この4月に改めてお誘いを受けました。私の気持ちを動かしたのは、今回、ご担当者が「口座タイプの見直し、改善(した)点、これから改善していくべき点(現在の問題点)」を明確に提示された事でしょうか。あと、我が国の”解釈の横暴”に対する反骨精神もありますかね(笑)。

Land-FX
ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)登録(FSP264385)
全体の仕様は、ウェブサイト上の情報に譲り、下記に、そのご提示頂いた改善点を転載しておきます。
口座タイプ(2つに絞りました)
1.Live口座(個人・法人)
2.ECN口座(取引手数料$7.00)
改善点
1.入金手数料完全無料(出金手数料はお客様ご負担)
2.入金自動システム導入(カード、電子マネーの$5000以下の入金に限り、15分ほどで処理完了)
3.日本国内銀行送金対応
4.日本語サポート人員強化(現在3名)
5.追証0の導入

<Atelier de BalibariによるLand-FXリベートプログラム>
Live 口座:0.40 pips/1 lot往復取引( 10万USD相当額往復取引毎に$4.00が目安)
ECN 口座:$0.8/1ロット(10万通貨)往復取引毎

観察力のある人にはすぐ分かる、上記リベートプログラムに、
Atelier de Balibariの真骨頂 – Balibari Special(Balibari限定仕様)が含まれていますね!

口座開設は、こちらのテキストリンクか、このブログ右欄のLand-FXリンクバナーから!
(ご使用のブラウザの初期化の上、直にこのブログを訪問するようにご留意下さい)

以後、Land-FXにおける「IBの変更」他の情報について更新していきたいと思います。

『開設口座の報告』について

公式サイト上の『開設口座の報告』フォームで、5〜6日程前からメール転送されていない不具合があったようです。
ソフトウェア側で全てのメールは確認できましたので、本日ご報告分までは全て回答させていただきました。確認の遅れたご登録者の方にはご心配・ご迷惑をおかけ致しまして、誠に申し訳ございませんでした。
取り急ぎ、このブログ上に『開設口座の報告』を設置致しましたので、当面こちらをご利用下さい。

(再掲載)MyFx Markets 口座開設キャンペーン!

先日お知らせした、MyFx Marketsからのキャンペーンを再掲載しておきたいと思います。
FX業界地図が最近色々とかまびすしいので(笑)「新しい取引先」や「口座移転先」をお考えの方は、是非ともMyFx Marketsをご検討ください。

MyFxMarkets_LOGOMyFx Marketsはプロモーションやキャンペーンの類はやらないもの、と勝手に思っていましたが、こういったキャンペーンを打ってくるということは、混乱と激忙を極めたスタート時から、ようやく落ち着いてきたのかな、とも受け取れますね。
「クライアントオフィスが日本語でご利用できるようになりました。まだ不便な点等ございますが、常に改善を心がけ作業をしております」とのメッセージも沿えられていました。Sさんの「本気」に期待が膨らみます。

【キャンペーン期間】
2014年9月18日 (木) ~2014年10月31日 (金)
【キャンペーン内容】
2014年10月31日までに最低10万円以上入金後、取引を開始。10月31日までに50ロット以上お取引いただいたお客様には取引口座に5000円(または相当額の他通貨)を入金いたします。
【お支払いの条件】
それぞれの口座は新規・既存の口座を問わず、期間中の最低入金額を10万円といたします。その後50ロット以上の取引が期間内に決済された方が対象となります。
【キャッシュバックの応募方法】
キャンペーン条件を満たした後、以下の必要事項をご記入の上、Eメールでご申請ください。
メール記入内容
MT4 ログイン番号: 62xxxx…
氏名: Anatano Onamae
期間中の入金額: (例)150,000JPY
期間中の取引数: (例)111ロット

申請アドレス: jpsupport@myfxmarkets.com

【ご注意事項】
※ 本キャンペーンは予告なく変更・終了することがあります。
※ 本キャンペーンは、個人のお客様のみが対象となります。法人のお客様はキャンペーンの対象外となります。
※ キャッシュバック時に口座残高が 0 円の場合は、キャンペーンの対象となりませんので、ご注意ください。
※ キャッシュバック時に、既に口座を解約されているお客様につきましては、キャンペーンの対象外とさせていただきます。
※ お一人様一口座までお申し込み可能

付記:ちなみに、今回のキャンペーンに伴って、私共IBにも特典が用意されています。
口座開設や取引量は「煽らない」のが主義ですが、やはり自分が高く評価している業者により多くの人が気付いてくれる(つまり利用者が多い)事は嬉しくもあります。
取り敢えず、今回、上記期間中に30名以上の方が新規口座開設し、上記キャンペーンの入金条件(10万円)を充たしてくれるようであれば、当IBも別途「功労賞のようなもの」という恩恵を受けられる、ということです。
口座開設は、AXI時代からの“パイオニア”Atelier de Balibariをご指定ください!
(上記ロゴもしくは右欄バナーをクリック!)

FxNet リベート算出基準(再々改訂)

先日修正したばかりのFxNetにおけるコミッション(⇒リベート)の算出基準についてですが、今月FxNetとのやり取りの結果、また訂正しなければならなくなりました。
先日、FxNet のコミッション計算は『ドルベース』とお伝えしましたが、本日改めて『Pipsベース』であることを確認し、確かに『Pipsベース』でのコミッションレポートを入手致しました。
つまり、EUR/USD、EUR/GBP、USD/JPYと違った通貨ペアで取引した場合、それぞれUSD、GBP、JPYで発生したpipsがポジションクローズ時のレートで「USDに自動換算」されてコミッションが発生する仕組みとなっています。従って、通貨ペア毎に、日毎に、USDコミッションプライスが微妙に違ってくる為、1ヶ月総計したコミッションに、一定パーセンテージを掛けて、リベートを計算することになります。
更には、貴金属、オイルペアの取引はForexとはコミッション体系が違い、複雑を極めますので、記載は省きます。

icFs0Oaq0hat5PTS0aoi6QFcPKiW729cIRSqg_9JpW7Z8_Zf0Wf7yCfCSVBfon4vgUvxPXu4WJjEsfaPiRHSzzx3baZtt8_ctgOZjytAtUtjd7v7U4Hrolc6Atelier de Balibari提供 - FxNet リベートプログラム –
1ロット(10万通貨)お取引毎に
スタンダード口座: 0.75 pips ⇒ 7.5 usd 0.75 pipsリベート!
VIP口座: 0.525 pips ⇒ 5.25 usd ⇒ 0.525 pipsリベート!
プラチナ口座: 0.375 pips ⇒ 3.75 usd ⇒ 0.375 pipsリベート!
*新規リベートは8月1日お取引分から(支払いは9月)の適用となります。
口座開設は是非ともAtelier de Balibari経由で!

復活! TradersTrust - 5 –

ようやく、リベートプログラムの発表に漕ぎ着けました(汗)。
Atelier de Balibariでは提携ブローカーTradersTrustの口座開設者に以下のリベートプログラムを提供します。
スタンダード: 7.50 USD/ロット(1ロット=10万通貨単位)
TTCM PAMM/Saturn: IBコミッションの75%を還元(徴収された成果報酬(30%)のうち11.25%を還元)
TTCM PAMM/Others: IBコミッションの75%を還元(徴収された成果報酬(50%)のうち15.00%を還元)

今回は、PAMM口座もIBコミッションの対象として契約しておりますので、当然、リベートも発生します。
当然ながら、PAMMの運用成績が上がれば上がる程、成功報酬(要は手数料)も多く支払う事になり、リベート額も応じて上がります。一方、PAMMの運用成績が振るわず、例えば「ゼロ」であれば、当然手数料も無く、リベート額も無しという事になります。
個々のストラテジーについては、良く要項を読んで、投資期間、成功報酬(運営者への手数料)等の仕組みを良く理解した上で、PAMM口座へ運営を任せるか否か、を決定した方が良いでしょう。
是非、日本語サポート様とのコミュニケーションをフルに活用致しましょう。
日本語サポートe-mail: japansupport@traders-trust.com

↓口座開設はコチラのバナーから↓
logo

復活! TradersTrust - 4 –

さて、TradersTrustの口座開設にあたっての留意点です。
海外でのFX業者のみならず、金融機関の口座開設にあたって必ずと言って良い程必要になってくるのが「本人確認書類(ID)」と「住居証明」の提出です。「本人確認書類」といえば、主にパスポートか運転免許証、「住居証明」といえば、電話、電気、ガス、水道等公共料金の請求書が一般に求められます。IDとしてパスポートであればアルファベット記載なのでそのまま認証に通りますが、問題となるのは「運転免許証」と「公共料金請求書」等、日本語書類の場合です。
以前は、TradersTrustの場合、実は、Atelier de Balibariが口座開設者の書類を「代理翻訳」し(もちろん“無料”)、それで認証が通りました。現在は、クライアントエリアから上記必要書類をアップロードしていただければ、日本語サポート様が翻訳を担当し、申請内容と照らし合わせ、認証する手筈になっているとのことです。確認を取ってありますので、間違いありません。

次に、口座開設にあたっての“注意点”です。
1. TradersTrustでは、IBを経由した口座は、TradersTrustからのプロモーションの対象にはなりません。
2. TradersTrustでは、口座開設に於いて一旦登録したIB(又はアフィリエイト)の乗換えが認められていません。
IBの変更云々はトレーダーの意志決定に任せるべき、というのが私の見解ですが、この「IB乗換え禁止』をどうしても契約書に入れて欲しいというIBもいらっしゃるようです(苦笑)。以前にもチラリと触れましたが、「IB乗換え禁止』を謳っているIB等は、その規約の目につかないところに、更に小さな文字で記載されたりしています(笑)。これがどういうことだか分かりますね?

上記したように、翻訳などIBによっては無料で提供していますし、各社が日本語サポートを導入するのには、当然ながら、日本人への門戸を広げる意味合いもあり、当然ながら、お願いすればサポートしていただけます。元々”無料”の「口座開設サポート」等を受けたからといって、ご自分の取引量に応じた手数料の還元を、そっくりそのままIBに献上する等、愚の骨頂というものです。

というわけで、口座開設にあたっては、ご自身で業者そのものを良く吟味し、IBを決定し(利用しないのも貴方次第)、ご自分で納得が行ったならば、必ずご使用のブラウザを初期化し、ご希望のIBのサイトを直に訪ね、リンクバナーを踏襲して、口座開設に進むようにしてください。甘言に釣られ、本意でないIBに安易に登録されると、後で後悔する事になります。

日本語サポートe-mail: japansupport@traders-trust.com
logo追記:上記「IB乗換え禁止」について多少キツく注意喚起致しましたが、あくまで「トレーダーの為に働く」のがポリシーである当IBでは、“救済プログラム”を用意しております(笑)。ただし、既存のTradersTrustの口座をお持ちで、その口座が意に反したIB登録であった方からのご相談に限らせて頂きます。

*思っていたより長くなってしまったので、TradersTrustのリベートプログラム発表は、また明日!