【注意喚起!】リベートの日本国内銀行振込が危険な理由【警告!】

皆さんは「資金移動業」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
FXに興味のある皆さんであれば「資金移動業=為替取引業」と言えば分かり易いかもしれません。
「資金移動業」の概要このページに分かり易くまとめてありますので、ぜひ一読されることをお勧めいたします。

Titan FXがSTICPAY(スティックペイ)を導入したことをお伝えしたばかりですが、当サイトでも紹介しているあるFX業者(告知前で明記はできませんが)は独自の決済会社を設立中、との情報も伝わってきています。
各FX業者が顧客の入出金手段としてこぞって導入する、古くはPayPalやSkrill、Neteller、昨今隆盛のbitwalletやSITCPAY、そしてVISAやマスターカードといった所謂クレジットカードも、実は「資金移動業者」なのです。
「国内銀行間送金」に対応している海外FX業者もありますが、注意深く見ていくと、全て「銀行送金代行業」を経由しているはずです – つまりはこの「銀行送金代行業」も「資金移動業者」ということです。

この「資金移動業者」を間に入れず、海外にある業者から国内の顧客に送金することは、すなわち「銀行等以外のものが」「無登録で資金移動業(為替取引)を行うこと」になり、「銀行法第4条1項に違反する無免許業者として銀行法上の罰則の適用を受ける」ことになります。

そうです。海外FXのキャッシュバック(リベート)を「国内銀行振込」を利用して受け取っているあなた、あなたの利用しているIB様は明確に法律を犯していることになります。
「イヤ、海外在IBだけどIBの銀行も国内銀行で国内銀行間の送金だから・・・」「使っているのは海外FX業者だけど、国内IBからの送金だから無問題」という言い訳は、残念ながら通りません。
あくまで海外で発生したコミッション(USD)は、一旦日本の銀行や日本円に移そうが、第三者に銀行送金した時点で「資金移動業(為替取引)」と見なされるからです。

ちょっと前にも『リベート支払いオプション@Balibari』という記事をアップし、その中でも我がAtelier de Balibariがあくまで「国内銀行振込」に対応しない理由を”やんわり”と記載したのですが、その直後、とある倶楽部IB様は「リベートの国内銀行送金」を停止されました(賢明な判断です)。
一方、数々のステマサイトを使って「(国内銀行振込もなく)出金条件もかなり悪い」等、他IBへの攻撃を続けるIB様は、そのネーミングからして我がBalibari(バリバリ)を剽窃するくらいですから、元々リーガルコンプライアンスやモラルへの意識が低いというのか、キャッシュバック(リベート)の「国内銀行振込・送金」を止めるつもりはサラサラないようです。

しかし昨今、FX業者でさえ「マネーロンダリング」への関与に神経を尖らせ、用心深く避けて通っている「資金移動業(為替取引)」行為を甘く見ない方が良いでしょう。
いつの日か「資金移動業(為替取引)に関わる銀行法違反、およびマネーロンダリング幇助の疑いで海外FX紹介業者逮捕!」という文字が躍ったとして、本当に割りを食うのはそのIB業者でしょうか?もしくは利用者のあなた・・・でしょうか?

WISEBITCOINサポートからのお知らせ

Land-FXがいつの間にかbitwalletとBitcoin入金に対応しているようです。
連絡もなかったのでちょっとビックリですが、やはり着実に前を向いていますね!

さて、WISEBITCOINのご担当の方に、日本のお客様向けにアピールポイントをまとめてもらいました。

①取扱いコインの多様さ
弊社では現在13種類のコインを扱っており、ビットコインやイーサリアム以外のマイナーコインもお取引していただく事が可能です。

②最大レバレッジ100:1
日本国内の取引所はレバレッジ25倍規制となっておりますので、より大きなレバレッジでのお取引を行っていただけます。(レバレッジ100倍商品はCrypto Currency 商品内のBTC/JPY、ETH/JPYのみとなります)

③円での入金、円取引が可能
海外取引所の場合、コインのみで入金し、コイン同士のお取引のみ可能な場合が多いですが、弊社では多彩な入金方法を利用していただけますので、円で入金して仮想通貨/円でのお取引をお楽しみいただけます。(日本のお客様のご利用可能な入金方法はカード入金、銀行入金、STICPAYとなります)

④ MT5を利用してのお取引が可能
自社プラットフォームで取引を行う取引所が多い中、WiseBitcoinはMT5を使用してお取引を行っていただけますため、FXのトレーダー様には使い慣れたプラットフォームでお取引やチャート分析を行っていただけます。

⑤その他サービス(取引手数料0、マイナスリカバリー制度あり、日本語サポートあり)
「取引手数料0」「マイナスリカバリー制度あり」については、先日のブログ記事に記載したとおりです。
また日本語サポートには力を入れていただいているようで、問合せに対し、できるだけ迅速で丁寧な回答をお願いしてあります。

Atelier de Balibari – WISEBITCOINリベートプログラム

WISEBITCOINでの取引スプレッドの20%(IBコミッションの80%)をリベート!

Tradeview 入出金オプション

logo_tradeview-forexTradeview(トレードビュー)の取引環境として秀逸なのが、入出金オプションの豊富さ、というより、新しい手段に対する目の付け所、取込みの速さ、対応へのフレキシビリティでしょう。

Tradeviewとの契約当初に紹介した時点で、OKPAY、ecoPayz導入の他、当時既にUPHOLDを利用してのビットコイン入金に対応していた事実が、業界最先端を突っ走っていた証でもあります。

現在のTradeview入金オプションをコチラのページから確認してみましよう。
ここ最近FX業者間で導入の進んでいるmybitwallet、STICPAY共にちゃっかり、しっかり導入されています!
その陰に隠れて目立たないのがbitpayの導入です。言わずと知れた暗号通貨ソフトウェアウォレットの代表格ですが、同じソフトウェアウォレット間でのビットコイン入出金は、まさにボーダーレス、シームレスな入出金を実現させます。

今年初頭より、ビットコイン導入を先導・推進してきたという自負のある当IBですが、その頃から、いやせめて夏くらいまでに、思い切って暗号通貨の世界に飛び込んでいれば・・・と歯ぎしりしている人が、いまどれだけいることでしょう。

何事に対しても、自分自身の研究・分析を通して判断することが大事ですが、「ビットコインは未完成」「取引所に持ち逃げされる」「いつかきっとゼロになる」といった、巷に溢れる責任感の無い情報、おどろおどろしい言説ばかりを”受け身”で受け入れ、立ち尽くしたまま行動しなかった人ほど、今年一年間、この千載一遇のチャンスを逃したものと思われます。

logo_tradeview-forex

「機を見るに敏」なTradeviewでの口座開設は     Atelier de Balibariから!

Tradeview(トレードビュー)リベートプログラム
MT4 X Leverage USD口座: $8.00 /lot
MT4 X Leverage JPY口座: ¥800 /lot
MT4 I.L.C. USD口座: $2.00/lot
MT4 I.L.C. JPY口座: ¥200/lot
– 円口座では取引手数料が500 JPY/1ロット往復取引であるため、USD口座と実質的に同じ条件となります。
Currenex (Viking) 口座: $2.40/10万USD往復取引
cTrader口座: $2.00/10万USD往復取引

お問い合わせはTradeview日本語サポートメール: japanesesupport@tvmarkets.com

追記:当IBではmybitwallet、STICPAY共にアカウント登録済みで、現在リベート作業の実地検証中です。
近々、より現況に即したリベートオプションを発表できることと思います。

Land-FX 入出金手数料について

先日TradersTrustの入出金手数料の改訂についてお知らせしたばかりですが、今回、私自身がLand-FXへ出金依頼を出してみて、思わぬ手数料が差し引かれたりしていて、ギョッとし慌ててLand-FXに問い合わせたりする羽目になってしまいました・・・(汗)
これは、Land-FXのウェブサイト上で入出金手数料について明確な記載しておくべきなのは当然ですが、一方で、入出金手数料について、私自身よく把握していなかったせいもあり、その手数料について、他のアフィリエイトやIB様のウェブ上の記載を検索し、「(NetellerやSkrillでの)出金手数料は無料」という、その間違った情報を”鵜呑み”にし、最後の最後でLand-FXのバックオフィスに確認を取る手間を省いてしまった、言わば“自分のミス”でもあるわけです。

これを機に、自戒の意味と備忘録とを兼ねて、今回Land-FXより入手した、入出金手数料を一覧にした表をアップロードしておきましょう。
land-dep-with-info

翻って、昨今、ネット上で、ヒステリックなまでに特定のFX業者を糾弾しているサイトが見受けられますが、こういったサイトの運営者も、時々、自分の中の”思い違い”やコミュニケーション不足も疑ってかかるべきなのかもしれませんね?

Traders Trust 入金・出金手数料に関する改訂

Traders Trustより入出金手数料に関し重要な変更が告知されましたので、お知らせしておいた方が良いでしょう。

以下、Traders Trustからの告知内容ですが、2月1日時点でご登録いただいているすべてのお客様へメールにて配信されており、Traders Trustのウェブサイト入金・出金ページにも記載されております、とのことです。

お客様各位
平素よりお世話になっております。
Traders Trust日本語サポートでございます。
この度、入金・出金手数料に関して重要な変更がございますため、お知らせ申し上げます。
弊社は現在までにクレジット・デビットカード、ネッテラー、スクリルの入金・出金手数料を無料としておりましたが、2016年2月3日より以下の通りに入金・出金手数料が適用されますので、何卒ご了承くださるようお願い申し上げます。
今後、入金の際に、下記の入金手数料が課せられます。
クレジット・デビットカード:最大3.35%
ネッテラー:4.20%
スクリル:最大2%

こちらの入金手数料は、入金から6か月以内に、入金額の2.5%以上の取引を行った場合、その旨をお伝えいただければ返金させていただきます。
(例えば、1000$入金された場合は、25ロットを6か月以内にお取引いただく必要がござます。25ロット以上お取引いただいた場合、その旨をメールにてご連絡いただければ、入金手数料を返金させていただきます。また、出金手数料も無料となります)

出金手数料は、入金額の0.5%以上の取引量を入金から6か月以内に取引された場合、無料となります。
(例えば1000$を入金した場合、6か月以内に5ロット以上お取引いただければ、出金手数料は無料となります)

また、ご入金を複数にわたって行った場合、すべての入金総額が計上されますので、ご注意くださいませ。
(例えば1000$を入金した後に、500$をご入金いただいた場合、1500×25%=37.5ロットを6か月間にお取引いただかなければ、入金手数料を返金することはできません)

尚、銀行送金(国内送金)のご入金は無料となっております。

以上どうぞよろしくお願いいたします。

入金後、普通にお取引されている方にとっては、あまり問題とはならない改訂だと思われます。疑問点は、迷わず問い合わせてみましょう!
Traders Trust日本語サポート: japansupport@traders-trust.com

Traders Trustは、下記リベートプログラムのあるAtelier de Balibariから!
logo_00ECN口座: 0.75 USD/ロット
低スプレッド口座: 3.75 USD/ロット
スタンダード口座: 7.50 USD/ロット
Cuboシリーズ口座: 1.875 USD/ロット

FXNet 各入金時最低額の更新

FXNetより、各口座への入金時、最低入金額更新のお知らせが入りました。
ちょっと変わった仕様の変更ですが、煩雑な手続きを避ける為の仕様変更かと思われます。
以下が、FXNetよりのお知らせ。
(こちらのメール内容の解釈に間違いがあった為、01/15、下記、一部訂正・削除・加筆致しました)

弊社のお取引口座への最低入金額を変更致しましたので、お知らせ致します。
これまでは、初回の最低入金額のみ下記のようになっておりましたが、
今後は、初回以降の最低入金額も下記設定となります。
スタンダード口座: 50 USD
VIP口座: 500 USD
プラチナ口座: 1000 USD

→ 2回目以降の再入金につきましては、どの口座タイプにおいても、最低入金額が50 USD (円口座の場合は、50 USD相当金額)と変更になりました。例えば、500 USDご入金いただき、VIP口座を開設完了後、再入金される場合は、入金額が50 USD以上であれば問題ないということになります。

あまり影響の出る更新ではないと思われますが、入出金時には、事前にサポートに確認を取りながら執行する事をお薦め致します。
FXNET 3Atelier de Balibari – FXNet リベートプログラム –
スタンダード口座: 0.775 pipsリベート($7.775/10万$相当額取引)
VIP口座: 0.5425 pipsリベート($5.425/10万$相当額取引)
プラチナ口座: 0.3875 pipsリベート($3.875/10万$相当額取引)
*当IB下に口座開設ご希望の方は、必ずご使用のブラウザを初期化し、上FXNetのロゴバナー、もしくは、右欄FXNetのリンクバナーから口座開設にお進み下さい。
註記:FXNetのIBシステムでは、ご登録者のMT4に直接リベートを転送できます。ご希望の方はお申し出下さい。特に大ボリュームのお取引の方(リベート額の大きい方)は「MT4へ直接リベート入金」をお薦め致します。

TradersTrust 国内送金(入金のみ)利用可能に!

今、TradersTrustに、というよりここの日本語サポート様に勢いがありますネ!
TradersTrustでは、この2月より三井住友銀行への国内送金(入金時のみ)が利用可能になりました、との事です。

手数料:弊社側の手数料は無料です。お客様側の銀行にて振込み手数料がかかる場合はお客様負担となります。
反映時間:数時間から最大1営業日かかります。
*註1:国内送金は日本円の送金のみ受け付けております。
その他の通貨の送金は取り扱っておりませんのでご了承下さい。
*註2:出金の際は(TradersTrust ⇒ 日本国内への)海外送金となります。

既に口座をお持ちのトレーダーの皆様は、ログインエリアにて『日本国内送金』先の口座詳細を確認することができます。
TradersTrustの日本語サポートでは、『日本国内送金』マニュアルも用意されています。
何かご質問等あるようでしたら、お気軽にご連絡くださいませ、とのことです。

TradersTrustサポート:japansupport@traders-trust.com

本気で資産運用する気なら -その2-

『本気で資産運用する気なら -その1- 』への多大なる反響を受け(実は3名のみですが・笑)、その後も約一名から「まだかよ〜」「業者の宣伝なんていいから早く続き書いてけろ〜」と責っ付かれていたのですが、最近は流石に諦めたのかリクエストも止まりました(笑)。今更ではありますが、『 -その2- 』です!… ってか、『その1』の日付を見たら、既に4ヶ月近く経ってますな(汗)。

前回は「(本気で資産を保全・運用する気なら)国や国境という枠組みは忘れ去り、精神的にも肉体的にもバガボンドであれ!」と、結論付けました。
常々このブログにも書いている事ですが、私は本当に今の日本の状況を、日本と言う箱船の航行先を懸念しています。ここ1年の間にも、どんどんどんどん悪い方向に流れて行っていますね… みなさんは、この何処に漂着するのかも分からない、いつ撃墜され沈んでしまうかも分からない箱船に、目隠しまでされて乗せられたままじっとしていますか?それとも、自分で調達した小さなボートで波に飲み込まれるリスクを冒してでも大海に漕ぎ出しますか?

「しかしよ〜、ノマドだかバガボンドだか知らんけれども、そう簡単に海外に移住したり、海外で口座開設したりできないべ?」という大方の反応は容易に想像がつきます。が!ここに日本人の陥り勝ちな「思い込み」があります。
montepulciano1まず第一に「海外に生活拠点を移す」必要はありません。殆どの”開かれた”国では、外国人は「自由に」不動産を購入出来ますし、アパートを賃貸する事もできます。これも『 -その1- 』に触れたのですが、世界中を見回しても「貴方は〇〇国籍なのだから、その国に唯一の住所を持って一生を終えるべし!」という決まりも法律もありません。真冬にマレーシアで常夏気分を味わい、春先にイタリアのトスカーナで新鮮な野菜と魚介類とワインを楽しみ、さらには真夏にスウェーデンのサマーハットで涼しく過ごし、秋には日本に戻り、紅葉を愛でた後に、美味しい御節と日本酒に舌鼓を打っても良い訳ですよ(笑)。
え?私?… 私は… 時間的にも金銭的にもそんな余裕ありませんから(爆)。ここで言いたいのは、要はモノの考え方、言わば視点、だということです。一般的に日本人はあまりに無駄なモノにお金を献上しすぎているのです。毎月毎月浪費している、スマホ+αの通信費や電気水道代をちょっと見直すだけで、東南アジアや欧州の田舎町なら余裕でアパートの1つや2つ借りられます。スタバなんて…あんな高くてマズいもの、コーヒーじゃあないですから。

次に「海外で銀行口座つくれないべ?」という点。これは一部正しく、概要において間違いです。
citi_15FXの口座開設を考えてみてください。為替取引とは「世界中で」「各国の通貨を交換」する作業です。そして日本はその変動通貨制の為替取引に「参加」している国です。その日本の殆どのFX会社や銀行が「日本在住者のみに口座開設を認めている」この事実が可笑しい事に気付きましょう。そして、銀行から海外の口座に送金したり、海外(通貨)から日本の銀行に送金する、この行為自体が「為替取引」であることを理解認識しましょう。
一方、ここでも日本は米国に“従属”してしまっているのですが、「銀行」と「投資会社」は別のライセンス形態となっております。が、日米以外では「銀行」と「投資会社」が一つになった「投資銀行」という形態があります。むしろメジャーと言っても良いでしょう。そしてその波は、所謂「ネット銀行」にも拡がっていて、その「ネット銀行」がメジャーバンクを凌駕しつつあるのが現状です。皆、引越や、移住の度に銀行を切り替えて…というそんな呪縛から自由になりたがっているのですネ!
HSBC6「投資銀行」は、当然ながら「投資商品」を取り扱って利益を上げるのが業績であって、為替はさることながら「世界中」の金・銀、信託、証券等を取り扱っている訳です。当然ながら「国内外」を問わず、積極体な資産運用をしたい顧客は基本的に大歓迎、なわけですヨ。
予備知識としてもうひとつ付け加えておくなら、例えば、欧州の(観光等で)そこそこ有名な地方都市等の銀行は、外国人の不動産物件購入(の貸付け)を当て込んで、「非居住者口座」を割と簡単に開いてくれたりもします。

さあ、あなたは、上記「思い込み」から解き放たれました… どうですか?何か発想が変わりましたか?
そう!あなたが、どこに住所を置こうが、どこに銀行口座を開こうが、自由なのです。そして上記2つのポイントの“組み合わせ”についてよ〜く考えてみてください。そう!あなたが世界中に住所を幾つ持っていようが、国内・海外を問わず銀行口座を幾つ保持しようが、貴方次第なのです。更には、あなたの「住所」と銀行の所在地(国)が同じである必要は全くないのです… つまり貴方の考え方次第、自由だということです。
*註:上写真の銀行と、記事中の「銀行口座開設」についての記載とは全く関係ございません。寧ろ逆でお薦めしていません(笑)。

日本と言う国は、島国のさらに奥地の袋小路で行き場を失った状態、将棋で言うなら「詰み」の状態なんですね。今のあなたが、その祖国に「見切り」をつけたとき、一体何処に住みたいのか?どこの「通貨圏」に住みたいのか?そしてその「通貨」が見えて来たら、何処の国に自分の「海外メインバンク」を置き、将来移動しながら、その「メインバンク」から「自由に送金」できたり「決済」できたりできるか等を考えてください。そこに貴方の将来のヒントがあると思うのです。

何だか、意に反して長くなってしまいましたが…
本気で資産を保全・運用する気なら、将来のより自由な人生に備えて「海外メインバンク」=「世界へのハブバンク」を持て!につきますネ。

 

FxNet 5月は35%入金ボーナス!

35%JABanner先月まで続いた『入金ボーナスキャンペーン』
5月はもう無いと思っていたのですが、35%に減額となりますが、継続していただけるようです。
今回は日本語ページが追いつかず、英語ページでご勘弁を!
http://www.fxnet.com/content/about/promotions
注意点としては
・プラチナ口座はボーナス対象外です。
・ボーナスの提供は、$100(一万円)以上のご入金を対象とします。
・再入金の時点で、有効証拠金額が前回入金の10パーセントを上回っている場合、再入金はボーナス対象とはなりません。
・資金および利益分の出金に伴い、提供ボーナスは口座より削除されます。

また、『賞金コンペティション
日本語ページ』も2014年末まで継続予定ですので、是非とも、FxNetでの口座開設後の参加をご検討ください!

その他、疑問点、詳細は日本語サポートまで!
FxNetサポートE-mail: mai@fxnet.com
Skype ID: Japan.fxnet
日本時間午後4時〜午後9時を目処に日本語ライブチャットにも対応。

FxPro Infinite Card – プリペイドカード

実は普段からもっと告知したいナ〜、と思っているけれども、なっかなか告知のチャンスが無いFxProから、久々に嬉しいお知らせです。2回に分けてご報告したいと思います。

いくつかのIBは既に告知しているようですし、その他掲示板等には、既に情報も拡がっているようですね。
1.  FxPro Infinite Card
FxPro Infiniteカードは、FxProトレーディングアカウントの利用範囲を広げる新たな方法です。 Intercashとの提携により、当社のクライアントの皆様に国際決済ネットワークの特典をご提供できるようになりました。 FxPro InfiniteカードはプリペイドMasterCardのように利用でき、FxProのサイフ口座と便利にリンクされています。 これにより、サイフ口座とInfiniteカード間で資金を転送し、取引による収入に世界中どこからでも簡単にアクセスできるようになります。
註:FxPro Infiniteカードは現在EUR、USD、GBPのみで利用でき、FxPro UK Ltd.のお客様はご利用いただけません。他のすべてのFxProクライアントの方はご申請いただけます。

カード発行の申請方法、またカードの発行・使用に伴う手数料等の詳細はこのページに記載されています。詳細を知りたい方は迷わずカスタマーサポートに連絡を入れましょう(日本語で結構です)。

最近、その他のFX業者でも、クレジットカードやプリペイト/デビットカードの発行を促進してますね。それだけ需要があるということなんでしょう。何故か?もう分かりますね?国家が国民の自由を奪おうとすればする程、閉じ込めようとするばする程、国民は“本能”と”反動”で自由を求め、外に出ようとします。そしてその“準備”を始めます。

実は以前のブログ記事『本気で資産運用する気なら -その1-』は、『その2』『その3』に続けるつもりで、海外に「メイン&ハブ銀行」を持つ事の重要さ、そしてある欧州の銀行(の口座開設)を紹介するはずだったんです… が、忙しさにかまけてそのままになっていました(笑)。
こちらにも「需要」があれば、また続けたいと思います。