ベルトルッチ、Bertolucci

イタリアの巨星、ベルナルド・ベルトルッチ(Bernardo Bertolucci)が逝去されました。享年77歳。
流れるニュースは、代表作が『ラストエンペラー』で、『ラストタンゴ・イン・パリ』では論争を巻き起こした・・・と、何処も判で押したように同じです。

以前にもこのブログで取り上げたことがありますが(確認したらちょうど4年前、2014年11月の終わり頃)、「早熟過ぎた天才」は、若干29歳、『暗殺の森(Il conformista)』で世界を瞠目させ、35歳にして5時間16分の大作『1900年(Novecento)』で才能のピークを迎えます。
そのスタイリッシュな演出はビットリオ・ストラーロ(Vittorio Storaro)の撮影と相まって、スクリーン一杯に“色気”と“芳香”を放ちます。

個人的意見として言うならば、米国アカデミー賞9部門を獲得した『ラストエンペラー』は、その才能の凋落の始まりであり、その後に続く惨憺たる作品群がその証とも言えます。典型的な「ハリウッド行き、才能の終着点」だったのでしょうか。父親から引き継いだ終生のテーマであった「イタリアの影」を『1900年』で描き切り、作家としてのモチベーション・目標そのものを失ったのかもしれません。

1997年の初夏、アドリア海沿いの小さな町で、ご本人に会見する光栄に浴したことがあります。
イタリア的に小柄な紳士だと思い込んでいた私のイメージを裏切る巨体でしたが、当時既に足腰の具合が芳しく無いご様子でした。「色ボケしたか」とまで揶揄された『魅せられて』公開の後であったと思います。

しかしだからと言って「早熟過ぎた天才」が映画史に残した傑作が色褪せることはありませんし、燦然と輝き続けることでしょう。映画監督、ベルナルド・ベルトルッチ氏のご冥福を心からお祈り申しあげます。

広告

2018年10月お取引分のリベート

2018年10月お取引分のコミッションリベートを11/10~11/21に執行致しました。
10月中のお取引にお心あたりのある方で(リベート保留やリベート受取法未定の連絡等を含め)
何ら連絡を受けていない方はお早めにご一報下さい。

XMオートリベートの稼働を11/05に開始し、「従来通りの月間リベート希望」「オートリベートから外してください」とのリクエストが若干名あったものの、概ね順調に推移している様子です。
その関係で、XMに限って10/01 – 11/02のお取引分がリベート対象となりました。

若干一名の方、(先月までは送金できていた)bitwalletアカウントメールアドレスに送金しようとしたところ「送金先アカウントが見つかりません」と表記され送金できません。その旨お知らせしようとメール送信すると、エラーコード:550「INVALID_ADDRESS(メールアドレスが無効です)」のメッセージが還ってきてしまいます。
メールアドレス: sho******tar**8@***sof*****jp でご登録の心当たりのある方、リベート額もそれなりに高額ですので、お気付きになり次第ご連絡ください。

その他、Netellerを受取先としている方へのログイン可否の確認、ビットコインキャッシュ (BCH) ハードフォークの影響回避の為の連絡、10月取引分以前のリベート保留分を掘出しての払い出し、と今月の作業は混迷を極めました。
特にXMにおける過去のリベート保留の掘出しは、XM口座を既に閉鎖(もしくは凍結?)されている方もいて、100%というわけにはいきません。
「ん?XMでのリベート保留があったはずだが・・・?」という方は、ご一報いただければ、過去に遡り検索、調査、リベートの清算を致します。

11月5日(月) XM Tradingのリベート率を更新しました!

さて、予定より一週間遅れてしまいました。
いよいよ、と言っていいのか、「ようやく」と言うのか、はたまた“やっと”と表現すべきなのか、11月5日(先週月曜日) のオートリベート導入を機に、XM Tradingの各口座リベート率を一律80%に引き上げました。

海外FX各社のリベート率・75%を超える頃までは、我がAtelier de Balibariが先頭を走り後続を引っ張って来た、という自負がありましたが、どの業者で、どんなサービス、リベート率を提示しても、いつの間にか横並びになってしまいますし、私が「収支分岐点」として強く意識してきた80%に届く頃には、不毛なリベート最高値競争から「解脱」することに決めていました。

「不毛な競争」と表現したのは、単なる「高値競争」「早払い・前払い競争」がこのまま続けば、元々、FX業者⇄リベート型IB⇄トレーダーの三者それそれがWin-Win-Winとなる「画期的なビジネスモデル」であった「リベート型(キャッシュバック型)IB」そのものが消滅してしまう懸念があるからです。事実、今回、XMのオートリベート導入にあたって、IBへの禁止項目が増えてしまいました(禁止項目に触れていないIBには全く影響しませんでした)。

トレーダーというものは、自分の目、耳、頭、そして勘と感性をフルに働かせて投資判断を行うものです。投資行動の一環であるIB選びにも同じことが言えると思います。表層的なリベート率やステマ的宣伝に惑わされず、「本当の意味でIBの信頼を裏付ける、他のIBには無いサービス」(他のIBが決して伝えない『不都合な真実』)を備えたIBを調べ上げるリサーチ力と、勘、判断力が求められています。

幸いAtelier de Balibariは、そんな賢明なトレーダーの皆様に恵まれ、支えられてきた、と思います。そして今回のXMのオートリベートシステムの実現が「収支分岐点」となるリベート率80%を可能にし、ますますもって、トレーダーの皆様に御返し(お還し)することができるようになりました。

<Atelier de Balibari – XMリベートプログラム>
マイクロ/スタンダード/EXE口座: FX通貨ペア/金・銀 (Gold&Silver) $8.00/lot!
Zero口座: FX通貨ペア/金・銀 (Gold&Silver) $4.00/lot!!
その他CFD全商品 – IBコミッションの80%リベート!!!
*ボーナス対象 **5分以内の決済も対象

註記:リベートプログラム更新は11月5日(月)お取引分より適用。
オートリベートご利用者も、従来通りのリベート(月間データ集計→翌月リベート支払い)をご希望の方も、一律のリベート率となります。より自由にのびのびとお取引ください!

11月5日(月) XM Tradingのリベートシステムが変わります!

ここ一ヶ月程シリーズでお伝えしてきたように、XM Tradingが新しく導入した「Auto Rebate(オートリベート)」について、Atelier de Balibariでは以下のスケジュールでシステム導入を進めています。

1. 11月最初の週末となる本日11月3日(土)、明日4日(日) に(現時点までに「オートリベートを希望しません」と意思表示された方以外の)XMの全既存口座を、当IBで設定した『Auto Rebateプラン』に移動・接続します。
註記:現在、先月お取引のあったご登録者の口座から移動・接続作業を進めていますが、しばらくお取引の無いご登録者については「どういった扱いがベストか」と、未だ移動・接続を躊躇・熟慮中です。

2. 接続した時点で、口座が『Auto Rebateプラン』に接続されたことを通知するメールが皆様のお手元に届きます。
次にXM会員ページにログインの際「利用規約同意」のポップアップ画面が表示されます。これに同意しXM会員ページにログインすると(同意しないと会員ページにログインできません)オートリベートへの接続設定が完了します。

3. 「オートリベート接続通知メール」を受け取って初めて今回のシステム変更を知った方は、まずは当方へメールでお問合わせください。
11月5日(月)を過ぎて「オートリベート接続通知メール」に気付いた方も、慌てず(そしてできれば取引を開始する前に)当方へメールでお問合わせください。
ブログ記事等を読んだ上で、改めて「オートリベートを希望しない」方は、その旨お伝えください。
『Auto Rebateプラン』に接続した口座を『オートリベートゼロ(Default)』のプランに戻し、従来通りのリベート(IBによる1ヶ月毎の集計、ご希望の支払い先へリベート)を継続いたします。

4. 11月5日(月)、キプロス時間午前0時、当IBの『Auto Rebateプラン』が稼働開始します。
このプランに接続された口座のお取引量に応じ、下記スケジュールで自動的にMT4 or MT5口座にリベートされます。
当週火曜・水曜・木曜日の取引分リベート → 翌週火曜日
当週金曜日と翌週月曜日の取引分リベート → 翌週木曜日

以上、11月5日(月)からオートリベートの稼働開始に準じ、XMでの10月お取引分リベートは、10月1日〜11月2日までの取引データが対象となり、従来と同じスケジュール(11月08日〜11月22日が目安)で行います。

今後の流れとしては、当初から「オートリベートを希望」する方用の口座開設リンク、「従来通りのリベート方法を希望」する方用の口座開設リンクを、ブログ・ホームページの双方に併設することになります。
ご自身の希望のリベート方法(オートリベート希望か否か)を注意深く選択し、口座開設に進む様にしてください。

今回の「オートリベート導入」を機にXM Tradingのリベート率更新に踏み切りますが、今日、明日はオートリベートへの移動・接続設定で手一杯です。設定作業が終わり次第、改めてアナウンスいたしますが、ふと右側の口座開設リンクに目を向けて頂ければ、そこに大体書いてあるはずです(笑)。

Netellerをご利用の方へ

Neteller(ネッテラー)をリベート先としてご利用の方へ、先々月あたりから他の手段への移行を促していましたが、最近、口座の凍結、ログインできない方が続出しているようです。

該当の方から聞き及んだ情報から推察するに、主に個人認証書類の更新、もしくはマイナンバー提出期限が主な原因と思われます。

慌てずに、まずはNetellerの日本語電話サポート(03-4579-5524)に連絡を入れ、口座の凍結を解除する手順を踏みましょう。

解除されたら、使用に問題はないと思われますが、「もはや日本居住者からできるだけ撤退したい」雰囲気が漂っていますし、それでなくても、ここ1˜2年の漸次的な手数料の値上げには、辟易とさせられます。
口座へのログインができるようになったら、早めに出金してしまった方が良いでしょう。

他のリベート先(bitwallet、STICPAY、PayPal、ビットコインウォレット)を確保し、認証作業まで済ませたら、ご希望のリベート先を、確実に、できるだけ早くお知らせ下さい。

XM 「オートリベート」を躊躇する理由

XMの『Auto Rebateプラン』の導入に際し「メリットこそ多かれど、デメリットはほぼ無い(であろう)」と紹介してきましたが、一方で、今月各個に送信した通知メールには「当方の把握できない、各個のご都合や資金管理の方法によって、オートリベートを希望しない方もいるでしょう・・・」と記載いたしました。

その結果、「オートリベートを躊躇する」理由として、ひとつの似たような視点 − 特徴的なご意見が数件寄せられましたので、ここに紹介します。

−(前略)現金とボーナスの比率を調整しながらトレードしている場合、リベートによってそのバランスが崩れてしまう(いったん入金されたらボーナスと紐づけされてしまう)。

− (単純には比較できないですけど、と前置きの上)例えば、月間100$のリベートがあったとし、その100$を・・・
・オートリベートで入金したら、口座残高が100$アップするだけ。(←しかしタイムロス、手数料ロスゼロ)
・既存のリベート方法で受け取って入金したら、口座残高100$アップ+入金ボーナス20%となる。(←しかしタイムロス、手数料ロスあり)

− リベート分はクレジット(トレードボーナス)減額無しで出金しておきたいため。
・以前は出金=トレードボーナス全額没収だったと認識していました(そのため、出金していませんでした)が
・現在は、口座残高に対する出金額の割合でトレードボーナスが無効化されると思います。

− オートリベートを、複数の口座のうちのひとつの口座、もしくはリベート専用のMT4に入金できないでしょうか?
・(中略)〜には、入金ボーナスがつくメリットがありますが、出金するとき必ずボーナスを犠牲にする必要があるので、リベートの金額分を逃がしたい。

(回答:オートリベートは口座毎に接続設定されるものなので、お取引のあった口座にしかリベートされません。また、リベートは資金の入金ではないので、入金ボーナスはつきません)

なるほど・・・皮肉なことに、当IBご利用のアドヴァンテージの一つである「ボーナス付与」に対してオートリベートが「足枷」になりうる、という観点ですね・・・正直、私自身XMの取引口座を使っておりませんし、当然ボーナスを利用したこともありませんので、このロジックを理解するまでにかなり時間がかかりました(苦笑)。

しかし、リベートそのものを一旦PayPal、bitwallet、もしくはBitcoinなりで受け取って、それをまた銀行口座に出金したり、再度取引口座に入金する手間と手数料、場合によっては為替手数料等を厳密にチェックしていけば、扱う金額や、ポジションサイズ、トレードの勝負け等によって、まさにどちらが得なのか「単純には比較できない」ことだと思います。

以上、あくまで一部特定の戦略を持つ方のご意見を紹介いたしましたが、今月XMでリベートのあった方全員に添付したメールへの反応では、今のところ「オートリベート希望」の方がおよそ9割近く、といった感じでしょうか。

選択はあくまで「貴方の意志」に任されていますので、できれば切替設定予定の11月最初の週末(11月3日、4日)までに、ご意見をお聞かせください。

2018年9月お取引分のリベート

2018年9月お取引分のコミッションリベートを10/06~10/19に執行致しました。
9月中のお取引にお心あたりのある方で(リベート保留やリベート受取法未定の連絡等を含め)
何ら連絡を受けていない方はお早めにご一報下さい。

最近「御社はリベート(キャッシュバック)の資金分別管理はされているでしょうか」というお問合せがたまにあります。

この回答が「印象上」プラスにならないことを承知の上で敢えて申し上げますが、そもそもアフィリエイトにおけるコミッションの「分別管理」自体が概念としてあり得ません。
「分別管理」とは、投資会社や金融機関といった「顧客の資金を預かる」業態の業者が、万が一の破綻等の為に「預かった資産を別の場所に退避させておく」ものです。
一方、FX等のアフィリエイトやIBは「顧客の資金を預かる」ことは一切ありません(そもそも許されていません)。

通常どのFX業者でも、アフィリエイト用の管理ポータル、もしくはアフィリエイト用のMT4にIBコミッションが振り込まれていて、取引口座とは「全く別の口座に分別」されています。それを取引用の口座で使い回したりはできませんし、万が一できたとしても、そこから先は、IB各自のモラルとポリシー、そしてプライドの問題です。

そして、コミッションもある一定額保留してからの出金となりますので(日毎・一週間毎に出金していたら、手数料だけでエラいことになります)、実際の支払い(リベート)となると、未だ業者内に保留してあるコミッションを、直接リアルタイムでリベートできるわけではありません。「今月支払うべきリベート」は、実は数ヶ月前に出金・プールしてある資金から払い出している、というのが現実です。

つまり「我が社はリベート(キャッシュバック)資金を〇〇銀行に完全分別管理しており、万が一の場合にも必ず返金され安心です」といった文言は、単なる戯言(たわごと)であり、XMで禁止されたばかりの「前払い」同様、宣伝用の謳い文句、響きの良い、しかし実体の無い言葉をひねくり回した「印象操作」に過ぎないということです。

もし反論があるのなら「オイ、分別管理されているはずの資金から、どうやって“前払い”ができんだよ!?」と問い正してみたいもんですね!笑

XM 『Auto Rebateプラン』移行スケジュール

『Auto Rebateプラン』への移行スケジュールとして、11月最初の週末となる11月3日〜4日に、当IB下のXM全既存口座(希望しない口座を除く)をAuto Rebateプランへ接続設定する予定です。
接続した時点で、口座がAuto Rebateプランに接続されたことを通知するメールが皆様のお手元に届くはずです。
次に会員ページにログインの際、「利用規約同意」のポップアップ画面が表示されます。これに同意した上で会員ページにログインしていただくと(同意されないと会員ページにログインできません)、設定完了です。
11月5日(月)キプロス時間0時にAuto Rebateプランが稼働開始します(するはずです)。

従って、XMの10月お取引分リベート支払いは、10月1日〜11月2日までのお取引データをダウンロード→集計、従来と同じスケジュール(11月08日〜11月22日あたりが目安)で行うことになります。

一方、このように準備を進めている最中にも、新規・追加口座開設者がいらっしゃいます。

XM Auto Rebateプランに直結! 10/07〜新規ご登録・口座開設用

当IBのご登録者で、既存口座でもお取引されている方は、以前のリンクを踏んで追加口座を開設いただいて問題ないのですが、今月これから新規に当IBに登録、新規・追加口座を開設される方は、口座開設→リベート受取法指定(PayPal、Bitwallet、STICPAY)→11月5日に改めてオートリベートに切替、と、二度手間、三度手間となってしまい、更にはリベート保留となるリスクも高くなります(10月の取引期間が短い為)。

従って、本日10月7日以降、当IBに新規登録、XMの新規口座・追加口座を開設される方には、直接Auto Rebateプラン適用となるリンクをご用意いたしました(左上XMロゴをクリック)。
当IB下の既存口座でお取引中の方は、このブログ右ウィジェット欄(→)にあるXMのロゴリンクから追加口座開設にお進みください。ご希望であれば、後ほどいつでもオートリベートに切り替えられます。

気になるのはリベート率かと思いますが、既存口座で現在お取引されている方との公平を保つ為、また、11月5日の一斉切替前、月の途中で大量の移動者が出たりして11月のリベート作業に混乱を来たさない為にも、先行してオートリベート適用した口座も、一斉切替前の11月2日の締め日まで、リベート率は従来通りとさせていただきます。

つまり、Auto Rebateプランへの切替、取引開始日となる11月5日(月曜)のお取引分からリベート率も一斉に更新いたします。

XM 『Auto Rebateプラン』想定されるカテゴリー

前回もお伝えしたように、今回の『Auto Rebateプラン』は、XM側、IB側、トレーダー側と、すべてにメリットのある、画期的・革新的なものだと思います。
特にトレーダーからみれば、今まで月毎に払い出されていたリベートを待つ必要もなく、PayPal、Neteller、bitwallet、STICPAY等で受取ったリベートの移動時間、手数料のロス、不意のアカウント凍結、といった心配もなくなり、毎週2回、取引口座に直接リベートされる訳です。今までは「リベート保留」となっていた少額のリベートも、これからは自動的に取引口座に振込まれる、という利点もあります。メリットこそあれ、デメリットは皆無と言って良いでしょう。

従って、Atelier de Balibariとしては、口座開設者には『Auto Rebateプラン』の適用を基本とし、「オートリベートを希望しない口座」を別途受け付けていくつもりです。
XMの既存口座保持者を「オートリベート適用対象の方」「オートリベートを希望しない“可能性のある”方」とにカテゴライズしてみます。

カテゴリー A. XMのみの口座保持者で、現在e-Wallets(PayPal、Neteller、bitwallet、STICPAY)のいずれかでリベートを受け取られている方
– このカテゴリーでは、オートリベートに移行することによるデメリットが皆無と思われるため、デフォルトで『Auto Rebateプラン』を適用予定しています。あくまでオートリベート希望されない方は、その旨ご連絡頂ければ幸いです。Netellerをご利用の方には先々月より他の受取手段への移行を薦めておりましたが、その必要もなくなりそうです。

カテゴリー B. XMと他業者の複数口座を保持していて、現在e-Wallets(PayPal、Neteller、bitwallet、STICPAY)のいずれかでリベートを受け取られている方
– このカテゴリーも、オートリベートに移行によるデメリットはほぼ無いものと思われますが、XMをオートリベートで、他業者分のリベートはe-Walletsで、とリベートが分断されてしまう点をマイナスポイントと考える方もいるかもしれません。
従って、こちらのカテゴリーの皆様には、今月のリベート支払い時にメールにてご希望を伺う予定です。

カテゴリー C. XMのみの口座保持者、XMと他業者の複数口座を保持していて、現在暗号通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム)でリベートを受け取られている方
– このカテゴリーは、暗号通貨をどのように運用しているか(受取った暗号通貨のままホールド、再投資、もしくは法定通貨に換算するか否か、または他業者のリベート分と合算して受取りたい等)によってご希望が分かれるものと思われます。いずれにしろ法定通貨に換算しているのであれば、断然オートリベートのご利用をお勧め致します。
今月のリベート支払い時にメールにてご希望を伺う予定です。

カテゴリー D. XMの口座を開設しているが、近年ほとんど取引が無い方、たまにお取引再開される方
– このカテゴリーについては、IBの管理画面からは休眠口座であるか否かの判別は難しく、また数ヶ月間お取引が無くても、突然お取引を再開される方もいらっしゃいますので、いつお取引に戻られても自動的にリベートされるよう『Auto Rebateプラン』をセッティングしたいと思います。

以上、あくまで当方の分析、想定を元に上記カテゴリーに分類しましたが、個々のご都合やご希望等、微妙に違うこともあるでしょう。このブログをお読みになった上で、「オートリベートを希望する」「希望しない」等、皆様からの直接のアプローチも歓迎いたします。

次回は『Auto Rebateプラン』への移行スケジュールについてお伝えします。

XMTrading 『Auto Rebateプラン』の概要

今回、XMTradingがリリースした『Auto Rebateプラン』システムの概要についてご紹介致します。

『Auto Rebateプラン』とは、XMのアフィリエイト管理システム内で、IB(アフィリエイト)自身が、任意のリベート(キャッシュバック)金額や割合(%)を設定した「プラン」を作成し、このプランにリンクされた取引口座(トレーダー)の取引量に応じたコミッションが、設定した割合で自動的に計算され、IB側とトレーダー側(例として2対8)とに配分されます。

自動的に計算・配分してくれるだけならまだしも、特筆すべきは、今までトレーダーの皆様がIBから受取っていたリベート(キャッシュバック)を、この内部システムが、トレーダーの取引口座(MT4&MT5)に、週2回、直接入金してくれる点にあります。
『Auto Rebateプラン』の取引口座(MT4&MT5)への直接リベートのスケジュールは以下の通り。
毎週火曜日:前週火曜・水曜・木曜日の取引分リベート
毎週木曜日:前週金曜日と当週月曜日の取引分リベート

この『Auto Rebateプラン』の稼働により、IB側としては、資金の引出しに伴う為替変換手数料および銀行手数料、銀行から各種支払い手段(PayPal、Neteller、bitwallet、STICPAY及び暗号通貨交換所)への資金移動に伴う為替変換手数および手数料、そしてトレーダー各自に実際にリベートする際に発生する手数料、という多大なるマイナス要因&これら一連の流れに伴う時間と作業量から解放されることになります。

一方、XMでお取引されているトレーダーの皆様の観点から言えば、各種支払い手段(PayPal、Neteller、bitwallet、STICPAYもしくは暗号通貨)で受取っていたリベートが、場合によっては通貨換算し(為替変換手数料)、銀行に出金したりXMに再入金したりする手間(時間)&手数料がなくなり、XMで取引した際に支払った「取引手数料(スプレッド)」のかなりのパーセンテージが、取引口座に直接還元(リベート)される訳ですから、ほぼゼロリクスでリベートを再投資に回せることになります。

今回のXMによる『Auto Rebateプラン』の導入は、XM(不正取引・リベートの防止)、IB(資金移動リスクの軽減)、そしてトレーダー(ゼロリスクでリベート受取・再投資)と、三者すべてにメリットをもたらす、常に業界のトップランナーであり続けようとするXMらしいInnovative(革新的)な決定であると、高く評価しています。

従いまして、当IBをご利用の皆様には、今後、基本的には『Auto Rebateプラン』のご利用を薦めていくつもりです。
一方で、資金の移動・配分先の戦略的見地から、今まで通りIBからのリベートを希望、というトレーダーの方もいらっしゃることでしょう。

次回は、『Auto Rebateプラン』を利用した方が良いトレーダー、利用したくないケースが想定されるトレーダー等をカテゴライズしてみたいと思います。